なぜ Devs は Apple Watch 向けアプリを作成することが難しいのか

それを説明することは、それほど難しいことではありません。Reuter へ数人が Apple Watch の最初の印象に関するレポートを投稿しているのですが、
当然ながら
彼らは既に Apple Watch のアプリの
パフォーマンスに関して不満を持っているのです。
私は産業オートメーションのためのリアルタイムな埋め込みシステムに携わるエンジニアとしてキャリアをスタートしましたので
比較的スペックの低いCPU上で、
非常に洗練されたソフトウェアを実行できるような、
小さなピースのハードウェアを獲得するためのHerculeanの役割について説明することができます。エンドユーザーエクスペリエンスに対して応答するためには、
常に迅速に実行している必要があります。
すべての目標をうまく舵取りし満足させるためには、コスト、

CPUのキャパビリティや処理速度、電力排出、ソフトウェアの機能の間におけるトレードオフはほとんど不可能と言っていいでしょう。
以前、製品マネジャーから聞いたジョークがあります。
「安い、速い、良い、という3つのオプションが与えられても、その内の2つしか得ることができません。」
Apple Watch用のアプリケーション開発者、または既存のApple Watch用のアプリケーションの拡張版を作成する開発者にとって、
これらの不満は2つのポイントを示しています:
1.あなたはApple WatchアプリのUI/UXの本質を一から再考する必要があります。
2. Apple Watchでのアプリのパフォーマンスに寄与する、アプリのすべての側面に鋭く着目する必要があります。

ウェアラブル端末用アプリのUI/UXの再イメージ
このポイントを完璧に表現する、記事に記載の1つの不満:「歩行旅行者達の夢を実現したはずの地図アプリは、動作が非常に遅いため、
Rand McNallyの紙の地図を取り出したくなるほどです。」ウォールストリート・ジャーナルのGeoffrey Fowler氏は話す。
これは、慎重にアプリケーションの使用事例を調べていなかったという完璧な例となり、
ユーザーのエクスペリエンスに合うようにアプリのUI/UXは適切に再設計されてきました。Fowlerが示すとおりに歩いている場合、腕時計に完全な地図UIがあっても何の意味もありません。
電話から腕時計へ転送される非常に多くのデータが要求され、
結果的に動作が非常に遅くなってしまうためです。
むしろ歩行者たちが地図アプリで使用する機能は、主に道案内機能でしょう。
腕時計アプリは「25m先のメインストリートを左に曲がります」というようなキューによる道案内だけが私を後押ししてくれます。
その場合UIは、距離に比例して長さが変わる矢印、次に曲がる通り名を示す少しのテキスト、といったようにシンプルなものになるはずです。

開発者またはアプリケーション製品マネジャーとしてのあなたのマントラは
「目的に適う」ということなのではないでしょうか。考えすぎて腕時計にアプリUI全体をポートしないようにしましょう。
特定のアクションに明確に必要なUIだけを
腕時計に取り入れましょう。電話がよく機能する方法をとり、
腕時計を使用する特定のワークフローの一部で必要なマイクロ・インタラクションにおいてのみ、
腕時計を機能させましょう。

theverge.comに寄せられたNilay Patelの不満を見てみましょう。彼は
「恐らく時間の確認を除けば、ラップトップや電話へのアクセスをより速く、
より良くするためにできないことは何もありません」
と述べました。この発言は皮肉にも聞こえますが、
ウェアラブルUXの過小評価を表してるのです。
Patel氏の発言がいかに的外れなのか、フィットネスにおける事例を
見てみましょう。Apple Watchがフィットネス愛好家や一定数いる自己オタク向けのニッチなマーケットではなく、
大衆に向けて健康およびフィットネスのトラッキングアピールを生み出すポテンシャルを持っているという一例です。
ジョギング、サイクリング、そして単なるウォーキングについても考えてみてください。今では、多くの方がエクササイズ中でも電話を携帯しており、
その多くはStrava、RunKeeper、MapMyFitness、MyFitnessPalなどのフィットネスに特化したアプリを使用しています。
アクティビティを計測してソーシャルメディアで友達と共有したり、またはアクティビティ中においても音楽を聴くためにです。
運動が開始されてから重要となることは、携帯電話は通常ポケット、サイクリングジャージ、ファニー・パック、そしてアームバンドにしまってあるということです。
経験された方なら誰でもわかると思いますが、
運動中にアプリを使おうとして携帯電話を取り出そうとすると首を痛めることがあります。
今では私のようなニッチな少数の愛好家や友人のトライアスロン選手は、
Garminの特注フィットネストラッカーを着て、ペース、ケイデンス、距離、経過運動時間、パワー消費などを確認できるように
手首、または自転車のハンドルにTimexを取り付けます。
しかし一般の大多数の方々は、1つのフィットネス・トラッキング・ウェアラブルのためだけに300ドルを支払うことはないでしょう。
一方Apple Watchでは、スマホのアプリへ接続して、複数の用途で使えるデバイスのために、ためらうことなくお金を出す方々が多くいることを容易に想像できます。
そのデバイスは、
様々な運動を行っている間でも自然かつ簡単に接することができるのです。
たとえば、私が自転車でマウントタムのパのラミックハイウェイを40マイルで下っている時に、
ペースを確認するために高価で壊れやすいiPhone(さらにハンドルに取り付けてある場合でも危険です)を取り出そうとしたとします。しかし、Apple Watchでは
データを本当に簡単にひと目で確認できるのです。

アプリとウォッチ・キット拡張パフォーマンスに鋭く着目
OK、ではあなたは既に自分の使用法を注意深く考えて、現在アプリの構築、
またはアプリ向けにWatchKitの拡張を行っていると仮定しましょう。

水曜日に発行されたレビューによると、より迅速に読み込みを行うために、アプリをアップグレードする必要があります。繰り返しになりますが、記事によると、Patel氏は
腕時計がアプリを読み込むには、iPhoneから膨大なデータを引き出す必要があると主張しています。
どれだけ注意深くシナリオを立てたとしても、アプリがどのように動いているか正確に把握し、
開発、テスト、実運用におけるアプリのパフォーマンスに影響を与えるすべての要因を知る必要があるのです。
どれほどの量のデータを転送していて、どれくらいの時間がかかるのか理解する必要があります。
現在、多くのタイマー、メソッド呼び出しの変数を使って、アプリを自分自身で実装し試すことができますが、それは開発者として時間を無駄にしています。
ユーザーが求める機能の実装に重点を置くことが腕時計にとって大切なことなのです。
幸いなことに、この点に関してはAppDynamicsがカバーしてくれるのです。AppDynamicsモバイル・リアルユーザー・モニタリングを使うことで、
アプリやWatch Kit Extensionのすべての側面がどのように機能し、どのようにApple Watchとの拡張インタラクションを追跡しているのかという詳細なデータを手に入れることができます。
さらに、AppDynamicsモバイルRUMソリューションは、ユーザーが地理的にどのように分布しているのか、
発生しているすべてのネットワーク・リクエストやエラー、予定時間、転送されているデータ量など、
単一ポータルでこのような情報のすべてを提供します。アプリで何が起きているのか、そしてそれがエンドユーザーにどのように影響するか確認するために、
コードラインへ掘り下げを行いスタックのトレースを行うことができます。
Apple Watch向けアプリや拡張機能にメスを入れて、アプリが顧客を満足させ、期待に応えることができるパフォーマンスを確実に提供できるように、
AppDynamicsモバイル・リアルユーザー・モニタリングの無料トライアルにサインアップしましょう。